突然ふてくされる宇宙人妻は可愛い

この記事は約2分で読めます。

今回はオカピ―博士夫婦の実話です。宇宙人妻は定期的に突然「ふてくされる」ことがあります。明らかに不機嫌な顔になり大半の会話は無視されます。また、突然行き先も告げずに外出して数時間戻らないこともあります。「ふてくされる」のは、女性に限ったことではなく男性も多いと思います。

ふてくされる宇宙人妻

当然、「ふてくされる」ようになった原因があるはずなのですが、全く思い当たらないことが多いのです。鈍感と言われればその通りなのですが、何気なく言った一言や私の外出予定などに原因があるのでしょう。宇宙人妻は、理由を言うことはまずありません。私が聞けば良いのですが、あえて聞かない様にしています。「何だ~~~~、そんなこと。」と言ったり、反論して余計に問題がこじれることを懸念するからです。

通常は1日から長くても7日以内には普通の状態に戻りますので、あまり刺激をしない様に待ちます。嵐の過ぎ去るのを待つようなものですね。オカピ―博士ですので、いつもと全く変わらない態度・対応をするのが最も良いと頭では理解していますが、気分が悪いのでこちらも無視してしまいます。でも、より険悪にならない様に次のことは守っています。

  • 聞かれたことにはきちんと返事する。
  • 頼まれたことは快く引き受ける。
  • 私の枠割の洗濯はいつも通りに行う。
  • いつも通りに同じベッドで寝る。

私の役割の料理は作らずに、別々に作り別々に食べます。料理だけは、気分が悪いと美味しい物を作ろうという気になれません。


ここからが大事なことです。「ふてくされる」が少し軟化してきたというサインを見逃さないことです。例えば、次の様なサインです。

  • 「コーヒー入れたよ」と声を掛けてくる。
  • 暗くなった時に私のデスクのある電球を付けてくれる。
  • 私に何か食べ物を買ってきてくれる。
  • どうでも良い事をいろいろ聞いてくる。

宇宙人妻
宇宙人妻
コーヒー入れた。飲んで。

宇宙人妻
宇宙人妻
あなたの好きなパン買った。

この様なサインが出てきたら、こちらも気分を良くして、「夕食に何食べたい?」「スパゲッティ作ったよ。」「映画一緒に観る?」などと言うことで、急速に関係が改善します。この方法で、早ければ24時間以内に遅くとも2-3日で関係が改善する様になりました。関係が改善してからも、こちらからはふてくされた理由を聞きません。話したければ自分から言うでしょう。

相手が「ふてくされる」た場合には、同じように無視はしても絶対に怒らない。軟化のサインを見逃さずに、関係改善の言葉を掛ける。

Doctor
オカピ―博士
ヒステリーと比べれば「ふてくされる」のは可愛いいもんじゃよ。はっはっは。

コメント