宇宙人妻に助けられた新年

この記事は約3分で読めます。

年始が差し迫った12月29日にその事件は起きました。今回は、オカピ―博士の実話体験談です。午後3時頃に突然、宇宙人妻が日頃参加しているグループの会合があるので外出すると言いました。数日前に年内最後の会合と言っていたのですが、突然に臨時の会合が行われることになったそうです。それを聞いた私はいきなり機嫌が悪くなりました。日頃から、あまりその会合に頻繁に参加することを快く思っていなかったのが原因です。私は宇宙人妻が「行ってきます」と言ってもかなり不機嫌な顔で無視しました。帰宅した宇宙人妻も不機嫌になったのか「ただいま」も言いません。年始が近づいた日にも関わらず不味い状況となりました。

大晦日


この様な定期的な外出で夫婦関係が悪化するという経験は多くの方がお持ちではないかと思います。例えば次の様な場合です。

  • 夫が頻繁に接待ゴルフで土日に外出する。
  • 妻がヨガ教室に夢中で時々帰宅しても夕食ができていない。
  • 夫が学生時代の同級生たちと年に数回温泉旅行へ行く。
  • 妻が子供の学校のママ友たちと日曜日に昼食会を頻繁に行う。
  • 夫が週に1回一人でオートバイツーリングへ行く。
  • 妻が土か日には必ず子供を連れて自分の実家へ行く。
  • 夫が週に3回もフィットネスジムのために帰宅が遅くなる。

仲が悪い夫婦であれば、相手が定期的な外出で夫婦関係を疎かにしても気にならないでしょうし、逆に家にいない時間が増えて良いと思うかもしれません。仲が良い夫婦であればあるほど、夫婦関係を疎かにする定期的な外出に対して不愉快に感じることでしょう。

夫婦円満のルールとして、「相手の趣味を尊重する」「相手に構い過ぎない」「相手の好きなことを規制しない」などの様なことが書かれていますね。そのため、苦情を言うことは間違っており、自分が我慢しなければならないと思うことで余計に大きなストレスや不満になる危険性があります。


宇宙人妻から何となく仲直りしたそうな気配を感じましたが、私が不機嫌になったにも関わらず無視して出かけたことで、私の怒りは収まりそうにありません。この状況だと関係改善までに1週間以上掛かるので、悲惨な年始となることを覚悟していました。

険悪になって2日目の12月31日の大みそかの午前中に私が小さい自分の書斎に鍵を掛けて仕事をしているとドアが何度かノックされました。

オカピ―博士
オカピ―博士
何か用?

宇宙人妻
宇宙人妻
話したい。

オカピ―博士
オカピ―博士
いいよ。10分待ってね。

ということで、話し合いがもたれました。私の不満を宇宙人妻は理解してくれました。そして、宇宙人妻も私のある不満を言いました。お互いに今後は注意するということで、仲直りができました。ということで、まさにハッピーニューイヤーとなりました。


話し合いをしないと、ずっと不満のままです。相手の不満に対して真摯に向き合うことで、良い解決策がでてきます。

Doctor
オカピ―博士
怒りが頂点に達すると自分の理想の行動がでけへんね。はっはっは。

コメント