論文:夫婦関係の格付け

この記事は約2分で読めます。

オカピーが、夫婦関係を各レベルに分類してみました。いわば格付けです。
あなた方夫婦はどの格付けですか?

夫婦関係の格付け

愛の絆
お互いが強い愛情で結ばれている。完全な信頼関係が構築できており、生涯の伴侶としてゆるぎない確信を持っている。セックス面でもお互いの不満はない。小さな不満は、愛の絆で解消されてしまう理想的なパターン。
ラブラブ
お互い異性としての魅力を感じている。愛し合っており、お互いが必要な存在となっている。但し、異性としての魅力が低下してきた時に、良い方か悪い方のどちらかに移行していく可能性が高い。ディープキスが頻繁で、セックスが充実しているのが特徴。
優等生
お互い夫婦の役割を理解しており、相手への思いやりも持っている。但し、異性としての魅力はあまり感じなくなっており、セックス面でも不満が多い。また、セックスレスの夫婦もいるがお互いがそのことを問題視しない。定年退職後、即離婚の夫婦はこれだ。
役者
お互い夫婦の役割をまっとうしていると自己満足している。しかし、お互いが相手を評価などしていない。まあ、離婚するのも面倒だし、世間体もあるので無難に夫婦を演じている。欲求に任せたセックスや義理のセックスが行われるが満足度は低い。
ボロ布
お互いの存在が嫌になりつつある。各種のしがらみだけで夫婦でいる仮面夫婦。相手への思いやりがないのが特徴的。義理のセックスはもちろん、スキンシップも行われることはほとんどない。但し、気まぐれでのセックスが行われることもある。
粗大ゴミ
お互い強い嫌悪感を持っている。離婚も視野にあり、既に夫婦関係は完全に崩壊している。早く離れなければ、夫婦はもちろん子供や周囲にも悪影響を及ぼす。修復など考えてはいけない。まあ、お互いが離婚したくないならばほっとくしかない。

相手を苛めることに歓楽を感じている。浮気なども公然と行われて、お互いが牽制しあっている。夫婦でありながら、相手を自分の敵と位置付け、自分の不幸も相手のせいであると考えている。家庭内暴力も時として起っている。かなり危険な関係であり、周囲は関与しない方が懸命と言える。

コメント