お昼のお弁当で見える夫婦の絆

この記事は約3分で読めます。

あなたが、夫/妻のために、お昼のお弁当を作っているとすると、それだけであなたの夫/妻としての評価は2ランクはアップすると言えます。最近は、夫が妻子のためにお弁当を作る家庭も増えていますので、愛妻弁当とは言わずに、ここでは愛夫妻弁当(あいふうふべんとう)と表記します。博士もたまにですが妻のために愛夫妻弁当を作っています(笑)。

愛妻弁当


まず、外食は本当に健康面では良くありません。いや、かなり悪い場合が大半です。その理由はいくつもあります。

  • 自分の好きな物ばかり食べがち。
  • 食べる量が調整できずに、食べ過ぎることが多くなる。
  • カロリー過多になりがち。
  • 十分な野菜を摂ることが難しい。
  • 脂っこい物、塩分過多の物が圧倒的に多い。
  • 移動や待ち時間があり、ゆっくり食べる時間が無い。
  • 無駄なお金が掛かる。

ラーメン・チャーハンセット、かつ丼、カレーライス、焼肉定食、そば・うどん、スパゲッティ、ハンバーガーなどがお昼の人気メニューです。コンビニ弁当はもちろんですが、ほか弁も健康的か疑わしいです。たまに食べる分には問題ないですが、頻繁に食べるのは決して健康的とは言えません。

よほど、安くて、美味しく、健康的なメニューのバリエーションがあるごくごく一部の社員食堂を除けば、やはり愛夫妻弁当は最高と言えるでしょう。

もちろんのことですが、作れば良いというものではありません(苦笑)。弁当箱を開けたら、ご飯と冷凍コロッケを揚げた物だけが入っていたら、さすがにショックでしょう(苦笑)。見せびらかすどころか、隠れてこそこそと食べなければなりません(涙)。


では、どんな点に留意したお弁当が良いか考えてみましょう。

  • 健康面を考えた適正な量(デスクワークの場合には少な目が良い)
  • 健康面を考えたメニュー
  • ダイエットが必要な場合にはご飯を減らして、豆類・野菜を増やす。
  • 糖尿病対策には塩分、糖分を減らす。
  • 職場環境に合わせた腐敗対策。
  • 見栄えが綺麗な詰め方。
  • 環境に合わせたお弁当箱の選択

食べる人の病気や健康状態を考慮したお弁当が最も良いと言えるでしょう。こうしたことが考慮されたお弁当を作っているならば、あなたの夫/妻としての評価は既に最高ランクと言えるでしょう。品数はたくさんである必要はありません。メインは1~2品と付け合わせ1~2品で十分でしょう。あまり凝ったお弁当を継続することはよほどのエキスパートでないと負担になります。重要なことは、健康に留意しながら、かつ美味しいお弁当ですね。

夫が「お昼は外食したい」「お昼は好きな物を食べたい」「お昼は同僚と食べにいきたい」などと言ったならば、「私の愛が邪魔というの」とぶっ飛ばしましょう(笑)。

また、職場が近い場合には、「昼食前に配達する」「職場近くで一緒に食べる」ことができるかもしれませんが、愛の押し売りにならない様に、その辺は相手の意向も十分に考慮しましょう。

お互い共稼ぎ、営業職でお弁当を食べる場所がないなど、お弁当を作ることが難しい環境もあることでしょうが、可能な限り作ると言うスタンスで良いと思います。また、夫/妻の出勤時間が非常に早い場合には、前日の夜に朝弁を作って自宅で食べるなども良いかもしれません。

Doctor
オカピ―博士
弁当で一番重要なことは蓋を開けた瞬間に愛情が見えるかどうかなんじゃよ。はっはっは。

コメント