夫婦喧嘩から関係修復する抜け道

この記事は約2分で読めます。

夫婦喧嘩で険悪な状況が続くと、毎日が憂鬱となり、ストレスもどんどん増してきます。1日でも早く、そういう状態から脱したいものです。でも、なかなか関係修復の良い方法が見つからないことも多いでしょう。

夫婦問題の抜け道

一般的には解決のアプローチとしては次の様な選択肢があります。

  1. 二人で良く話し合う
  2. 自分の落ち度を認めて自ら進んで謝る
  3. 自分の正当性を押し通す、又は、相手の落ち度を認めさせる
  4. 完全無視の険悪な状態を継続し、一方が折れるまで我慢大会を続ける

どれも理屈では簡単に見えます実際にはどうなのでしょう。オカピ―博士夫婦は、4が多い様に思います。

1は、お互いが沈着冷静なタイプでしたら可能ですが、激情するタイプや理論派タイプがいると話がこじれそうです。
2は、自分に落ち度があれば良い選択のですが、自分の感情を捻じ曲げてももやもやが増して解決にはならないでしょう。
3は、自分にはっきりとした正当性があれば良いのですが、お互いの見解の相違の場合には妥協はなかなか困難でしょう。
4は、数日で自然解決することもありますが、お互い頑固な場合には1か月、半年、1年と長期化することもあり、時間の無駄となります。

「抜け道なんて無いだろう」と思われるかもしれませんが、実は無いんです(笑)。それではここで終わってしまいますので、オカピ―博士のお勧めの方法をご紹介しましょう。

  1. Tahooニュースで世界情勢を知る
  2. YouTubeで「世界の貧困」「世界のスラム」で検索して動画を観る
  3. 「災害パニック映画」の名作をいくつか観る

ここで博士が何を言いたいかわかった方も多いでしょう。今のその険悪な夫婦状況は、平和の上に成り立っている「とても些細な出来事」なのです。私はフィリピンへ来て、日本がいかに平和であるかが良くわかりました。定期的に支援のためにスラム地区へ行っていますが、多くのことを学び、そして感じることができます。

「浮気が些細なことなの?」と思うことでしょう。浮気など些細なことと言い切ります。「浮気を正当化する」とか、「浮気を認める」とかいう話ではありません。些細なことであることを認識して今後のことを考えれば良いと言うことです。

目の前の問題が非常に些細なことであると気づくことが大切です。そうすることで、冷静さが戻り、比較的普通の対応が取れる様になるのです。

Doctor
オカピ―博士
大きな災害に遭ったり、二人の深刻な健康問題が発生した場合が些細ではないことだなぁ。はっはっは。

コメント