怒らないことで大半の夫婦問題を避けることができる

この記事は約2分で読めます。

夫婦問題は、あなたが深刻な問題と捉えた時点で発生します。あなたが、大した問題と思わなければ、それは夫婦問題にはならないということです。そしてまた、あなたが感情的になって怒ることで夫婦問題を発生させてしまうことが多いのです。

感情的に怒ってしまうことで、些細なことが大きな問題となり、お互いの感情の中で容易に許すことができない事態となってしまいます。ですから、夫婦問題は温厚な夫婦間では夫婦問題は非常に少ないですし、短気な夫婦間では頻繁に発生します

短気は損気


オカピ―博士は約14年前にフィリピンに移住しました。発展途上国ですので、サービスレベルは低く、お店に行くと我慢できない様なことが頻繁に発生します。最初の頃は、感情的になって怒ることがありました。今は、怒ることはまずありません。怒らくなった理由はたくさんありますが、「怒っても大半が自己満足だけで、問題は解決しない」「怒った後には嫌な気分だけが残る」「人それぞれ考え方や価値観が違う」と学んだからです。


何で夕食食べてくるならば、連絡しないのよ。

商談後に突然取引先に酒に誘われて連絡するチャンスが無かったんだよ。悪かったよ。でも、そんなに怒るなよ。

作ってる者に身にもなりなさいよ。今後、あなたの夕食は用意しないから。

もう二度と作らないでいいよ。

これでしばらくは険悪な雰囲気になりそうですね。


夕食食べてきたのね。でも、早めに連絡してほしかったわ。

悪かった。商談後に突然取引先に酒に誘われて連絡するチャンスが無かったんだよ。

ごめんなさい。そういう事情ならば仕方ないよね。いつもお仕事ご苦労様。

僕の方こそごめんね。明日の朝食に食べさせてよ。

夫婦問題になる前に回避できましたね。


ちょっと待てその怒り。まずは深呼吸してリラックスしましょう。

Doctor
オカピ―博士
夫婦間でも短気は損気でんがなぁ。はっはっは。

コメント