理想の夫婦にはなかなかなれない現実

この記事は約2分で読めます。

Webサイト上には、「夫婦円満の秘訣」「仲の良い夫婦になるための〇か条」「良い妻になるための心得」「夫婦生活の心得」「仲がよい夫婦が実践していること」など多くの夫婦問題に関する良いアドバイスがあります。確かにそれらに沿って実践すれば、夫婦円満になれそうなことは頭では理解できます。でも、問題はそれらを実践することが現実的に難しいことが多いのです。

理想の夫婦

肥満、高血圧、高脂血症、糖尿病などの生活習慣病の人は年々増加しており、日本だけでも2,000万人を超えています。生活習慣病を治すための日常生活の心得はたくさんの情報があり、誰でも比較的容易に実践することができます。でも、できない人が多いのも事実です。「わかっちゃいるけどやめられない」「わかっちゃいるけどできまへん」と夫婦問題とよく似ていますね。


できない理由は明白なのです。

どうしても相手を許せない。
どうしても自分自身の中で納得いなかい。
どうしてもその行動が起こせない。
同じ問題が繰り返し起きる。

だから、誰でも結婚して10年20年30年経っても夫婦問題を抱えている夫婦が多いのです。あまり自分を責めたり、追い込んだりはしない方が良いです。理想の夫婦には永遠になれないかもしれません。でも、それは何も深刻な問題ではないのです。ゆっくりと少しづつで良いので、自分自身が理想とする妻/夫になっていけば良いのです。

たまには、一人旅にでるも良いでしょう。たまには、子供を連れて実家や兄弟姉妹の家に遊びに行くもの良いでしょう。少し距離を置いてみることが必要な時もあります。多少険悪なムードになっても、できるだけ怒鳴りあう様な夫婦喧嘩、ヒステリックな対応はしない方が精神的には良いです。

現状の夫婦生活の中で毎日を幸せに暮らすことが最も大切なことなのです。

Doctor
オカピ―博士
だから、わしはまだ現役の夫婦問題に悩む博士なんじゃよ。はっはっは。

コメント