「結婚13周年」となりました

この記事は約2分で読めます。

先日、「結婚13周年」となりました。宇宙人妻と出会った1年後の同じ日に結婚しましたので、出会ってか14年、結婚してから13年となりました。「結婚13周年」は「レース婚式」というのですね。この年になっても、そんな呼称は聞いた記憶がありませんでした。

結婚記念日

新型コロナウイルスのご時世ですので、自宅でささやかなパーティを行いました。

オードブルには、チーズとスモークハム、オリーブ、そして、まぐろと鮭の炙り刺身です。昨年、家から車で3分のことろにできた大きなスーパーでは、オードブル、刺身、輸入食料品が豊富にあります。お酒は、私は韓国のマッコリ、宇宙人妻は南アフリカ産の赤ワインです。

最近、タイルの上に畳のジュータンを敷いて座卓と座椅子を置いてそこで食事しています。もちろんアマゾンのAlexaには「アレクサ、演歌掛けて。」と言います。これで日本の地方の古い居酒屋の雰囲気です(笑)。

結婚13周年記念ディナー

オカピ―博士は、結婚記念日、誕生日など、お祝いをすることがあまり好きではありません。理由は自分でも良くわかりませんが、記念日などどうでも良い事と考えているからでしょう。でも、宇宙人妻が楽しみにしていることを知っていますから、毎年何も言わずに行っています。

お互い酔いが回ってきたことろで、カラオケの始まりです。隣接した家がありませんので、真夜中で無ければ騒音など全く問題になりません。騒音にかなり気を使う日本とは違ってその点ではカラオケ天国です。楽しい結婚13周年記念パーティが深夜近くまで続きました。


今の結婚生活が長く続いている理由はとても明らかです。

  • 宇宙人妻が情が深く喜怒哀楽が激しい女性であること。
  • オカピ―博士がすぐに怒らずに、一呼吸置くテクニックを習得したこと。
  • 子供無しの夫婦だけの生活であること。
  • お互いの仕事をサポートし合っていること。
  • 冒険旅行という二人の共通の生きがいがあること。

壊れる夫婦にはその原因が、上手くいく夫婦にはその理由があるのです。

Doctor
オカピ―博士
夫婦は相性よりは、お互いの努力が大事なんじゃよね。はっはっは。

コメント